コンテンツに進む

IFFTインテリアライフスタイル東京に出展しました

IFFTインテリアライフスタイル東京に出展しました

中井産業株式会社はこの度、新しい取り組みとしてプロダクトシリーズ「SHA/SHA」(シャシャ)を立ち上げ、IFFTインテリアライフスタイル東京 (東京ビッグサイト2022年6月 )にて発表いたしました。

SHA / SHA は、私たちがこれまで作り続けてきた建具や障子のDNAを引き継ぎながらも、“物を遮ることで空間を彩る”といった、これまでにないコンセプトから生まれた木製のコンテンポラリーオブジェクトです。

私たちの本業である障子の製造においては、その精度を出すために、樹齢200〜300年の針葉樹の大径木のうち、最高品質のものを厳選し、約4〜6ヶ月間の天然乾燥で、含水率12〜15%に管理した最高の木材を使用します。しかしながら、製作の過程では一定量の端材が生まれてしまうことから、この端材でありながらも最高の品質の木材を無駄なく使いたい、またそれが私たち職人の経験値や技術が生きるカタチで世の中に届けたい、という想いのもと、このプロジェクトはスタートしました。

そこから生まれたSHA/SHAは、障子の持つ「隔てる/遮る」「通す/透かす」「可動する」「彩る」の機能を併せ持つことで、人目に晒したくないものを遮蔽したり、人や空間を隔てながら、同時にインテリアに彩りとリズムを生み出すことができるオブジェクトです。例えば、人目に晒したくない日用品を隠したり、コロナ渦で浸透したリモートワーク環境でパーソナルスペースを作ったり、飲食店や公共空間では卓上のパーテーションとして使えるなど、アイデアや環境次第で無限の使い方が生まれます。

IFFTでの発表の際は、来場された方々から「モノをゆるく隠せて良い」「重ね使いが美しい」「圧迫がなく丁度いいパーテーション」「矛盾のないSDGsのストーリーに共感できる」といった多くの評価をいただき、今までにありそうでなかったこの製品の思想を多くの方に共感いただくことが出来ました。

この形状自体は、プラスチック成形やレーザーカッターでの切り抜きでも製作することができるかもしれませんが、反りの少ない細い角材のみを高い精度で繋ぎ合わせ、あえて木目を見せず、継ぎ目のない一つの塊のように見せるSHA/SHAこそが、熟練の技術と自然材への敬意から生み出す私たちの環境と社会に対する答えであり、この想いに共感いただける皆様に私たちの商品をお使いいただければ幸いです。

お取り扱いをご検討頂いているインテリアショップ様やインテリア関連の皆様につきましては、個別の対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

今後ともSHA/SHAをどうぞよろしくお願い申し上げます。